VICSでITSスポットへGO!全国50ヶ所にあるITSスポットを利用してエコドライブしよう!

TOP > ITSスポットとは?

ITSスポットとは?

VICSサービスの高度化版といえる新しい情報提供システム。それがITSスポットです。主なサービスは「広域の渋滞情報」と「安全運転支援情報」「ETCサービス」を移動中の車両に提供し、ナビ画面などに表示すること。現在のVICSサービスよりも情報が高度化されているのが特徴です。

広域の渋滞情報提供であなたのドライブをより快適に

ITSスポットサービスは、これまでのサービスに対し大幅に範囲を広げた道路情報の提供が可能。1000km先までの渋滞情報を確認し、より混雑の少ない道を選択することもできるからドライブをより快適にします。。

安全運転支援サービスでより高い安全性を

安全運転支援サービスとしては、見通しの悪いカーブ手前や渋滞多発箇所手前で前方の情報を音声と画面でドライバーに伝えたり、合流箇所手前で合流を知らせる機能が盛り込まれていて、それらを使うことで高速道路をより安全に使えるようになるのもうれしいところ。
そのほか、進行方向の道路状況(トンネル出口の雪など)の様子を静止画像で知らせる機能も備えています。

今後も広がるITSスポット

交通情報や安全運転支援以外にも、高速道路の一部のサービスエリアでインターネットに接続して地域の観光情報などを見ることができるなど、ドライブの幅を広げる機能も盛り込んでいます。
ITSスポットは2009年秋からサービスが始まり、近日中には自動車専用道を中心に約1600ヵ所で展開。車両にDSRC対応の受信ユニットが備わっていれば、利用に料金はかかりません。

ITSスポット(DSRC)についての詳しいご説明はこちらをクリック
Check
TOPに戻る
ページ最上部へ