【節約&エコ運転6+1のコツ】

運転にちょっと工夫を加えるだけで、燃費が良くなり燃料代の節約に繋がります。
またそれが結果として、環境に配慮したエコ運転にもなるのです。
明日から使える「6のコツ」を通して、節約とエコについて一緒に考えてみましょう。

【その1:VICS付カーナビを活用して年間約17,280円の節約!】もっとも簡単なエコドライブのコツは、VICS付カーナビを愛車に装着するだけです。VICS付カーナビは、道に迷ったり、渋滞にはまるロスを減らしてくれます。1時間のドライブで、もし道に迷って10分余計に走ってしまった場合、それだけで14%ほど燃費が悪化するといわれています。また、VICSの機能を使って渋滞を効果的に回避できれば、およそ20%の時間短縮になって、約10%の燃費改善に繋がるといわれています。合計で24%ということは、月に1,440円で、年間17,280円の節約。まだVICS付カーナビをお持ちでない方は、ぜひ検討してみましょう。また、自分のドライブでどれぐらいのCO2を排出しているか調べることができます。
【その2:暖機運転をやめれば年間4,600円の節約に!】暖気運転をしたほうがクルマに優しいって、未だに思っていませんか?最近のクルマは暖機運転の必要はなく、運転開始から最初の5分ほどアクセルを強く踏み込まないようにする、いわゆるウォームアップ運転で充分なんです。暖機運転を5分行うと、およそ160ccの燃料を消費しますから、月に20回始動するなら、燃料は約3.2Lの節約。金額にすると384円ですが、積み重ねれば大きな節約になります。(※ハイブリッド車を除く)
【その3:月720円の節約術はエアコンにあり!】気温の状況に合わせて、カーエアコンの温度や風量の調整をこまめに行いましょう。これが大きな節約になります。約12%の燃費改善になりますから、月に約720円の節約ですね。夏場は特に注意したいポイントです。また、エコのためにも健康のためにも、必要以上に冷やしすぎないようにもしてくださいね。
【その4:アクセルのコツを掴めば、年間9,000円超の節約】動き出すとき、「ふんわりアクセルeスタート」という、アクセルを「ゆっくり踏む」動作を心がけましょう。目安としては20km/hになるまでに5秒かけるぐらい。これぐらいが最も燃費効率が良く、約11%も燃費が改善されるといわれています。(ハイブリッド車を除く)また、クルマを減速させるときにはフットブレーキだけに頼るのではなく、エンジンブレーキも積極的に使いましょう。つまり、はやめにアクセルをオフにするのです。これで約2%の燃費改善になりますよ。合計で13%。月に780円、年間で9,360円の節約ですね。
【その5:タイヤの空気圧で変わる、燃費と乗り心地】タイヤの空気圧を気にしたことがありますか?常に適正な数値を示すようチェックするクセをつけましょう。これも節約&エコに繋がります。適正値は愛車のタイヤによって異なりますから、ディーラーの方やお店の人に教えてもらいましょう。タイヤの空気圧が、適正値より50kPa(0.5kg/cm2)不足していた場合、2~4%の燃費悪化になってしまいます。チェックと補充には専用の道具が必要になります。カー用品店でも販売されていますし、ガソリンスタンドにも道具がありますので、それを利用しましょう。2%として計算すると年間で1,440円になります。
【その6:アイドリングストップのクセが、サイフと地球を救う!?】「アイドリングストップ」はよく聞くキーワードですね。もちろんこれも、大切な節約&エコのテクニックです。シフトレバーをN(ニュートラル)レンジに入れ、エアコンをOFFにした状態で10分間アイドリングしたとき、クルマは約130ccの燃料を消費してしまいます。他には荷物の積み下ろしなど、アイドリングストップの機会は意外と多いもの。排気ガスの発生も抑えられますから、意識して努めたいですね。10分のアイドリングストップを毎月10回行い続ければ、年間で15.6Lのガソリン節約につながります。ガソリンが1Lで120円だとすると1,872円の節約ですね。
【まとめ:エコドライブのコツで年間43,200円の節約!】ここまでいくつかのコツをご案内してきましたが、いかがでしたか?すでにいくつかを実践している人もいらっしゃるとは思いますが、これらを全て積算すると、年間で43,200円もの節約になる計算です。自動車を頻繁に使用する人なら年間50,000円の節約になるかも。スマートなエコドライブを身につけて、楽しく節約しましょう!
【おまけ:違法駐車を避けて、みんなで節約】違法駐車は大変な燃費悪化に繋がります。どこでも、ちょっとの間でも、絶対にしてはいけません。違法駐車が原因で渋滞が起きてしまうことが多々あります。渋滞により40km/hで走っていたクルマが20km/hに減速せざるをえないとき、31%程度の燃費悪化になるといわれています。これは自分のエコドライブではなく、周りの人のエコドライブを邪魔する残念な行為です。節約という観点以上に、マナーとして、環境配慮として、違法駐車はどんな場所でも避けましょう。もし駐車場を探さなければいけないとき、VICS付カーナビがあれば安心です。駐車場の空車状況や料金を教えてくれる機能が付いているものも多いので、ちょっと安いコインパーキングを見つけることもできるはずです。

All Rights Reserved by 一般財団法人 道路交通情報通信システムセンター VICS トップへ

▲PAGE TOP