エコドライブのススメ

VICS情報で上手にエコドライブ

日本が1年間に排出するCO2のうち、クルマによるものが全体の17.4%におよびます。
地球温暖化が問題とされている中注目されるのが、渋滞や道路上の障害を回避したスムーズな走行で、CO2の排出を削減するエコドライブ。
VICSは、渋滞を少しでも緩和させるために、道路交通にかかわる情報をリアルタイムでドライバーに配信しています。あなたもVICSを上手に活用して、エコドライブを始めませんか。

日本でクルマが1年間に排出するCO2の量(2005)
[環境省提供資料]

1.エコドライブのポイント、「渋滞回避」

運転をする前に目的地を設定し、FM多重放送で渋滞情報をチェック。渋滞が起きている場所と長さが分かるので、空いている道を選んで出発することができます。

2.エコドライブのポイント、「最適ルート自動案内(DRGS)」

ビーコン受信機が付いていれば、走行中にビーコン情報を受信し、自動渋滞回避ルート案内機能で、カーナビ画面に「最適ルート」が表示されます。

3.エコドライブのポイント、「規制・障害情報活用」

VICSのFM多重放送を受信していれば、事故や入口封鎖などのマークがカーナビの画面に表示されます。
さらに、マークをクリックすると規制や障害の詳細情報が表示されるので、事前に状況をチェックすることができます。
また、駐車場のマークをクリックすれば、営業時間や料金、収容時間などの詳しい情報がわかります。

ナビに目的地を設定して、
エコドライブスタート!

道路の混雑状況が
矢印の色で表示され、
最適なルートを自動案内。

規制、障害情報を先取り
して、最適ルートを選ぼう!

時間は最大20%短縮!ガソリンも最大10%節約!

「VICSの効果測定実験(平成15年度)」により、VICSを活用することで、時間は最大20%短縮され、ガソリンも最大10%節約できることが実証されています。このことから、VICSを活用することにより年間で約214万トンのCO2が削減され、ガソリンに換算した場合には、年間で80万klの節約が見込めます。
また、渋滞改善による社会・経済効果では、年間で7,500億円、VICSのサービス開始からの累計額では3.7兆円(平成8年度~18年度)と算出されています。

※数値はすべて平成18年度