実証実験について

走るクルマからの情報を集めて、
渋滞の「困った!」を解決!

2020年4月より関東1都6県※1
「プローブ情報をビッグデータ※2として活用した道路交通情報サービス」の
実証実験を実施しています。
走るクルマから情報を収集し、より多くの道路情報を提供することで、
到着予想時刻のズレ改善やルートの最適化などによって、
渋滞の「困った!」を解決することが期待されています。

※1 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
※2 道路を走行するクルマの匿名化された位置などの情報

日本初 複数事業者のプローブ情報を総合化するリアルタイム実証実験

配信される道路交通情報の比較

地図をクリックすると従来と実証実験の表示例の比較がご覧いただけます。

VICSが挑む実証実験と期待される効果
(東京モーターショー発表概要より)

pdf

実証実験について

◆実証実験期間中、プローブによって生成した交通情報をできるだけ多くご提供するため、
従来からFM多重放送で提供している簡易図形情報の一部が削減される場合がございます。

スマートフォン版を表示する